投稿日:

Zenfone 5Z充電関連まとめ

充電速度について

ケーブル 充電機器 規格上の最大出力 実際の供給電力
A→C(Legacy) パソコン(SDP) 5V/0.5A 5V/0.5A
パソコンと充電専用ケーブル(DCP) 5V/1.5A 5V/1.0A
ACアダプター(DCP) 5V/1.5A 5V/1.0A
付属のACアダプター(QC3.0) 9V/2.0A 9V/1.75A
C→C パソコン(3A) 5V/3.0A 5V/1.75A
ACアダプター(3A) 5V/3.0A 5V/1.75A
ACアダプター(USB PD) 9V/2.0A 9V/1.75A
  • パソコンにあるUSB 3.0以上のUSB端子に繋げても2.0と変わらない(USB 2.0対応だし)
  • 急速充電非対応のUSB TypeA端子を持つACアダプターは全て5V/1.0Aしか供給されない1
  • 急速充電対応でもデータ通信ができないケーブルを使うと急速充電にならない(仕様)
  • 5V/3.0A出力や9V/2.0A出力に対応したACアダプター等でも1.75A止まり
  • 最速で充電したいなら電源切って付属のACアダプターに接続して下さい

AI充電/予約充電

  • 発動すると80%で充電が止まる
  • 充電停止状態でも給電は行われる
  • 解除前に充電が再開されて100%になる
  • 発動中でも充電速度に変化はない

急速充電しているか確かめる方法

ロック画面の下に「急速充電しています」と出ていたら急速充電している。

デバイスドライバ上で決定された充電に関するパラメータを見る(要root)

ACアダプターと接続しているとUSB経由でadbできないので、WiFi経由でadbを使って下さい。
https://developer.android.com/studio/command-line/adb?hl=ja#wireless

USBから供給されている電流の電流値

USBから供給されている電流の電圧

USBから供給する電流の最大値

USBから供給する電圧の最大値

ハードウェアが許容している最大の電流値

USBが接続されているかどうか

接続されているUSB機器の種類

USB TypeC機器のタイプ

USB PDが有効かどうか(1で有効)

投稿日:

サーバーのメモリが増えた

出張先で8GBx2をIYHしたのでサーバーに放り込みました。

投稿日:

Twitterをやめた

今更ですがTwitterのUserStream APIが死にました。

代替となるAPIは存在せず、非公式アプリは15回/15分しかホームタイムラインを更新できなくなります。

また、新規アプリの登録時に英語でTwitter APIをどのように説明し、Twitter社の審査を通さなければいけないようになりました。

プラットフォームの健全性向上を目指す開発者向けの新しい要件
https://blog.twitter.com/developer/ja_jp/topics/tools/2018/jp-new-developer-requirements-to-protect-our-platform.html

アプリからのツイートも3時間で300件までに制限されます。
この制限はアプリ全体で共有されるので、サードパーティ製Twitterクライアントは使い物にならなくなるでしょう。
一応Twitter社にリクエストすれば従来と同等の制限に戻すとのことですが、開発停止になったTwitterクライアントは放置されて使えなくなるでしょう。

API制限が無いTweetDeckを無理やり使う廃止されなかったFilterStreamを使うAPI制限が緩いリストを使うなどTwitterに何がなんでもしがみつくユーザーもいるみたいです。
しかし、Twitterはもう開発者に優しいAPIを提供する気は全く無く、むしろ排除するようになっているのは明らか。
糞仕様になっていくTwitterを離れるいい機会なのでTwitterをやめることにしました。

今はUserStrean廃止に備えて運営していたMastodonインスタンスに移住しました。
https://ef67.myhome.cx/@sda57
さらばだTwitter。

投稿日:

Raspberry Piで広告ブロックDNSサーバーを立てる方法

1: dnsmasqをインストールする

2: dnsmasqを設定する

3: DNSサーバーを設定する

もし固定IPアドレスにしていないならここで設定する必要あり。

4: 広告ブロックする設定ファイルを書き出すスクリプトを設定する

以下のスクリプトを/usr/local/bin/gen_adblock_confに置く。

忘れずに実行権限を付与しておく。

定期的に更新するためにcronを設定する。

初回は手動で実行しておく。

5: 再起動する

6: ルーターを設定する

ルーターのDHCPサーバーの設定を変更して、DNSサーバーをraspberry piにしておく。

 

これで自宅限定ながらスマホ広告をブロックすることができます。
パソコンもできるけど、ブラウザの拡張機能で間に合ってるから大したことないよね。

投稿日:

DE10重連 + 35系 山口線試運転

Double headed DE10 + 35 series PC test run
Double headed DE10 + 35 series PC test run
Double headed DE10 + 35 series PC test run
Double headed DE10 + 35 series PC test run
Double headed DE10 + 35 series PC test run

私用で山口に行かないといけなくなったので、ついでに撮影。
あまりにも暑いので、カメラが火傷しそうなくらい熱くなりました。

DE10重連でやまぐち号が走る可能性ですが、ほぼ0です。
既に運休を決めているので、いちいちディーゼル機関車で代走してまで運行するはずがないです。

投稿日:

大雨で被災した八本松

P7096747
窓口だけ開いてる八本松駅

P7096750
遮断棒が撤去された踏切

P7096751
土砂が入り込んだ線路

P7096753

P7096756
土砂で通行止めになった交差点

P7096757
歩道に放置された流木

P7096758
赤信号のままの信号機

P7096759

P7096760
放置された自動車

P7096766
道路が寸断されて完全に身動きが取れないほどの渋滞が発生

P7096767
土砂が流入した山陽本線

P7096769
盛土が流出している

P7096771

P7096772
物流が遮断されて閉店したコンビニ

 

投稿日:

山陽本線止まってる

P7080014

P7080017
ホームに人がいない

P7080010_1
もう数日間は動いてない227系

P7080020
普段なら早朝にはいなくなってる岡山115系

p7080001-p7080005

P7080007

 

投稿日:

自宅サーバーが申し訳程度に速くなりました

SSD

WordPressのデータベースとかコンテンツとかをSSDに配置しました。
SSDはCrucial MX500 250GBです。
従来はHDDだったので死にかけでした。

リバースプロキシ

Dockerでnginxのリバースプロキシを作りました。
ついでにWordpressもDockerにしときました。
Docker Composeで全部一発で環境が整うものだからすごい。

環境構築に役立つウェブページ集

Docker

横着して古い日本語ポエムを参照すると酷い目に会うので注意しましょう。

About Docker CE | Docker Documentation
https://docs.docker.com/install/#server

Install Docker Compose | Docker Documentation
https://docs.docker.com/compose/install/

WordPress

Quickstart: Compose and WordPress | Docker Documentation
https://docs.docker.com/compose/wordpress/

Increase PHP file upload limit · Issue #10 · docker-library/wordpress · GitHub
https://github.com/docker-library/wordpress/issues/10#issuecomment-88389890
DockerのWordpressでアップロードするファイルの上限を変更する方法が書いてある

Nginx(リバースプロキシ)

サブドメインで分けてる構成なら山ほど見るけど、サブディレクトリで分けてる構成って殆ど見ないよね。

Dockerのコンテナ間で通信させてリバースプロキシを作る – ぐるっとぐりっど
http://grugrut.hatenablog.jp/entry/2017/10/15/214322

Module ngx_http_core_module
https://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_core_module.html#client_max_body_size
リバースプロキシ上でclient_max_body_sizeを設定しないと1MB以上のファイルをアップロードできなくて死ぬ。

nginxのproxy_passの注意点 — ぺけみさお
https://www.xmisao.com/2014/05/09/nginx-proxy-pass.html
/の有無で挙動が変わるので.confをコピペしてると死ぬ。

Let’s Encrypt

GitHub – SteveLTN/https-portal: A fully automated HTTPS server powered by Nginx, Let’s Encrypt and Docker.
https://github.com/SteveLTN/https-portal
多分これが1番簡単にHttps対応できると思います。

NextCloud

GitHub – nextcloud/docker: ⛴ Docker image of Nextcloud
https://github.com/nextcloud/docker

Mastodon

1年前くらいのブームで投稿された日本語ポエムの9割は古くて使えないので要注意。

documentation/Docker-Guide.md at master · tootsuite/documentation · GitHub
https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Running-Mastodon/Docker-Guide.md

documentation/Production-guide.md at master · tootsuite/documentation · GitHub
https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Running-Mastodon/Production-guide.md

環境構築Tips

リバースプロキシ + サブディレクトリ下で動かすWordpress

仮に/wordpressというディレクトリでWordpressを動かしたいとする。
ただし、サーバーにはルートディレクトリでWordpressが動いている。

まず、proxy_passの末尾/は必要。
インターネットにある大半のポエムはサブディレクトリを考慮していないので/が無い。
/が無いとうまく動かない。

proxy_passに/を付けてない場合
proxy_passに/を付けた場合

WordPressが生成するhtmlに入っているリンクなどのパスは、当然ルートディレクトリ直下で動いていること前提のパスになる。
特に何もしてないとリンク切れやリダイレクトループになったりして動かない。

URLを/wordpress下にしたいけど、Wordpressサーバー上ではルートディレクトリ直下前提なので動かない

そこで、WordpressサーバーのWordpressを「/wordpress下にインストールされていると思い込んでいる精神異常者」にしてみる。

なお、実際のファイルパスが変わったわけではないし、HTTPサーバーは精神異常者ではないのでリバースプロキシ→Wordpressサーバーでは/wordpressは付けなくていい。

投稿日:

JR九州 YC1系 甲種輸送

JR Kyusyu YC1 series delivery

飲み会の翌日に朝早く起きて撮影。
死ぬほど疲れてるので1回撮って終了。

投稿日:

5/6 C56 160山口線ラストラン

5/6はC56 160が山口線を走る最後の日になるので行ってきた。
この日の天気は雨だったが、撮り鉄は天候を選ぶことができないので雨天決行だ。
やっぱり防塵防滴は必須じゃないか。

回9323レ 送り込み回送

C56160 + DD51 1043 + 12 series passenger cars

C56160 + DD51 1043 + 12 series passenger cars

回送は朝早いのに人がとにかく多かった。
わざわざヘッドマークを外して走っていた。
ヘッドマークを外していた理由は津和野駅で知ることになる。

定番の徳佐S字は撮る場所が無いくらいに人が多くてどうしようかと思った。
そこまで時間が無かったので、放置された三脚を退かして撮影場所を確保。
結局三脚の持ち主は来なかった。
欲張りすぎて追いかけに失敗したのだろう。

徳佐S字の煙の多さはラストランならではの演出ではないだろうか。
朝は風が吹かなかったので、流されることもなかった。

津和野駅

C56160 + DD51 1043

C56160 + DD51 1043

C56160

C56160

Arigato C56 (last run of C56160 in Yamaguchi line)

Arigato C56 (C56160 last run in Yamaguchi line)

ヘッドマークを外していた理由とは?
実は津和野駅でヘッドマークを取り付けるためだった。
NHKが来ていたので、テレビ用なんだろうな。

9324レ 「ありがとうC56号」

SL Yamaguchi + Arigato C56

Arigato C56 (last run of C56160 in Yamaguchi line)

SLが並ぶ篠目駅を俯瞰撮影した。
どうせ人多いんでしょ?と思っている人が多すぎて逆に人が少ない。
泥だらけになりながら下山した。