dnf-system-upgradeが動くようになっていました

Fedora 23がリリースされてから既に1ヶ月以上が経過していますが、ようやくdnf-system-upgradeのバグが修正されました。

Fedora 23へのアップグレードにDNFのプラグインであるdnf-system-upgradeを使用します。
しかし、python 2の文字列の扱いの問題により、日本語を含めた特定のロケールで利用できない状態が続いていました。

Bug 1278031 – dnf fails to find system-upgrade plugin with certain locales (Chinese, Japanese and maybe more)
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1278031

Common F23 bugs – FedoraProject
https://fedoraproject.org/wiki/Common_F23_bugs#System-upgrade_does_not_work_under_Chinese_and_Japanese_.28and_probably_some_other.29_locales

wikiにはロケールをen_US.UTF-8にして、アップグレードに戻すという若干強引な解決策が載っています。
現在はバグが修正済みのdnf-plugin-system-upgrade-0.7.1がリリースされたので# dnf update --refreshを実行すれば、パッケージが更新されるかと思います。

アップグレードの方法はwikiに書いてある通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です