C言語でテキストファイルの行数を数える方法

1. fgets関数を使う方法

fgets関数は1行ごとに読み込むので、読みこんだ回数 == 行数としてカウントしていくもの。
読み込みに失敗するとfgets関数はNULLを返すので、それを利用してEOFまで読み込みます。

インターネットではこの方法がよく載っていますが、必ず正しい行数がカウントできるとは限りません。
fgets関数はバッファのサイズを超えて読み込まないので、1行がバッファのサイズを超えると行数を正しくカウントできなくなってしまいます。

fgets関数を使う方法は実行速度が速いので、1行の長さがはっきりと分かる場合は使ってもいいと思います。

2. fgetc関数を使う方法

fgetc関数で改行文字を1バイトづつカウントしていく方法です。
行数を正しくカウントできますが、実行速度が遅いです。

3. fread関数を使う方法

fread関数で一度バッファに読み込み、そこから改行文字をカウントしていく方法です。
バッファの終端が\0ではない点に注意しなければいけません。
fread関数は読み込んだデータの数を返すので、そこからバッファの文字数が分かります。

実行結果と実行速度

テストデータとしてexample.txt(4906788バイト、30172行)を用意して計測。
gcc 6.2.0でコンパイラオプションは-std=c99のみ指定してコンパイル。

実行結果

fgets fgetc fread
41952 30172 30172

1行の長さがバッファを超えたのでfgets関数を使ったプログラムは余計に行数をカウントしてしまいました。

実行速度

単位:秒

fgets fgetc fread
0.004 0.064 0.024

fgets関数を使ったプログラムが1番速いです。
実行結果は間違っていましたが。

コメントを残す