ownCloud 8.1からownCloud 10.0にアップグレード

古いownCloudを使い続けていたので、最新バージョンの10.0にアップグレードした。

PHPのバージョン

ownCloud 10.0がサポートするPHPのバージョンは5.6とPHP 7.0以上となっている。

PHP 7.1 support added (supported PHP versions are 5.6 and 7.0+)

Changes in 10.0.0
https://doc.owncloud.org/server/latest/admin_manual/release_notes.html#changes-in-10-0-0

CentOS 7のPHPのバージョンは5.4なので、Remi’s RPM repositoryのPHP 5.6をインストールする。

8.1から8.2

8.1から8.2にアップグレードする。
8.1から9.0以上にはアップグレードできない。

アップグレードの手順は以下の通り。

既存のownCloudディレクトリの名前を変更する。

ownCloud 8.2をダウンロードし、展開する。

設定ファイルを既存のownCloudディレクトリからコピーする。

ファイルの所有者をapacheにする。

アップグレードを実行する。

データを既存のownCloudディレクトリから移動する。

サーバーを再起動し、動作を確認する。

8.2から9.0、9.0から10.0

8.1から8.2と同様に行う。

各バージョンのownCloudはownCloud Server Changelogにある。

ファイルを見失ったら

アップグレード作業でownCloudからファイルが消えていたら、手動でファイルをスキャンする。

 

コメントを残す