Anker PowerPort C1を買った

Anker PowerPort C1を買いました。
高速充電規格のUSB PDとQuick Chargeには対応していません。
もしそれらに対応したスマートフォンであれば、対応した充電器の方が充電が速いです。

ではなぜこの充電器を買ったかというと、大抵のスマートフォンで本当に15Wで充電できる数少ないUSB Type-C充電器だからです。
実際にZenfone 5Zのsysfsから1.8A程度入力していることが分かります。

一方で同じ15W出力でケーブル直結の充電器は7.5Wまでになります。
理由はVbus cold socketに対応していないからです。
コスト削減のために対応していないと思うのですが、スマートフォンからすれば「規格違反の11kΩのA→Cケーブル」なのか「Vbus cold socketに対応していない15W充電器」なのか判断する方法がない(どちらもCCやVbusの波形は同じ)ので安全を取って5V/1.5A(7.5W)で充電するようになってます。
もしかしたら15Wで充電できるものもあるかもしれないですが、僕の持っている充電器は7.5Wになります。

結論を言うと本当に15Wで充電できるUSB Type-C充電器ということです。
USB PD非対応のスマートフォンならより安いこちらの充電器でいいと思います。
ケーブルは付属していないので別途買う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です