rsyslogでRELPプロトコル経由でsyslogを送受信する方法

RELPとは?

RELPは信頼性が高く、syslogがどこかに行ってしまいにくいプロトコルです。
普通にTCPで送信するのよりも信頼性が高いのでrsyslogはRELPの使用を強く提案(highly suggested)しています。

RELP, even with the small nits outlined above, is a much more reliable solution than plain tcp syslog and so it is highly suggested to use RELP instead of plain tcp.

imrelp: RELP Input Module — rsyslog 8.1907.0 documentation
https://www.rsyslog.com/doc/v8-stable/configuration/modules/imrelp.html

サーバー側の設定

syslogを受けるサーバーはRaspberry Pi(Raspbian 9.9)です。
最初にrsyslogとrsyslog-relpをインストールします。

rsyslogdがRELPで送信されたsyslogを読めるようにします。
これは2514番ポートでsyslogを受ける場合の設定ファイルへの記述例です。

新しい設定ファイルを反映させるためにrsyslogを再起動します。

クライアントの設定

syslogを送信するクライアントはCentOS 7.6です。
rsyslogはバージョンによって設定ファイルの書き方が変わるので注意してください。

rsyslogはもちろんですが、RELPを使うためのパッケージを併せてインストールしてください。

これはすべてのログを送信する場合の設定ファイルへの記述例です。
xxx.xxx.xxx.xxxはサーバーのIPアドレスに置き換えてください。

新しい設定ファイルを反映させるためにrsyslogを再起動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です